== おはなし ==

ゆき白姫と6匹のコグマその他… その2

けれども、日ごとに、お父さんは、変わっていきました。
お母さんにやかましく言われなくなったせいなのか、泥だらけの靴で、うちに入ってくるのです。ばらべにちゃんが注意しても、もともと口をほとんどきかないお父さんは、黙っています。
そして翌日、また、床は泥だらけになっているのです。
テーブルに泥だらけの靴を乗っけていることもありました。お母さんがいたら、けして許されないお行儀でした。

その上、お父さんは、ひげをそらなくなったようです。気がつくと、顔が見えないほど、けむくじゃらになってきました。お風呂も入っているのか、いないのか。

ゆき白ちゃんは相変わらず、鏡をみてうっとりするか、お姉さんに言われていやいや台所の手伝いをするかしていて、お父さんの顔なんて、見てもいなかったのですが、ばらべにちゃんは、なんだか毎日、お父さんが帰ると、不安な気持ちになるのです。

ある金曜日、あんまりむさくるしい様子のお父さんに、ばらべにちゃんは、お風呂にはいってひげをそるよう、頼みました。
お父さんは、うう…とうなりました。
そのとき、姉妹は、気がついたのです。
お父さんは、すっかり、熊になっていたのです。
もはや、わが子の見分けもつかないのか、お父さんは、ウォウウォウとうなりながら、娘たちに飛び掛ってこようとしました。
姉妹は、小屋から、飛び出して、逃げました。

20121126a.jpg


奥さんに逃げられた男の人が熊に変身したりなんて、ちょくちょくあることを、このおんなのこたちは、知らなかったのでした。
もうおうちに帰れないことだけは、解りました。
姉妹はとぼとぼと、森を奥へと分け入っていきました。

現実的に物事に対処していたはずのばらべにちゃんのほうが、落ち込んでいました。それは、お母さんがいなくなってから、一人で本当に、がんばってきたからでした。誠実に、人のためにがんばりすぎた人ほど、挫折はいっぺんにくるものです。
いっぽうゆき白ちゃんは、歩きながら、だんだん、元気になっていくようなのです。
全てのしがらみから解き放たれた開放感か、鼻歌まで歌っています。

20121126c.jpg


だってあたしはお姫さまなんだもの。
親に恵まれず森をさまようお姫さまの前には、必ず都合のいい展開がおとずれるものなのよ。

なんという根拠のない強気。
ばらべにちゃんは、この妹に、ほとほとあきれはてました。
もう、この子と離れて一人でどこかへ行こうかしらと、ばらべにちゃんが思いつめた時。その時。



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:01:19 ━ Page top ━…‥・

== おはなし ==

ゆき白姫と6匹のコグマその他… その1

ある時、とある森の小屋に、かわいい姉妹が住んでいました。
ゆきしろちゃんと、ばらべにちゃんといいました。でも、ゆきしろちゃんは、自分のことをお姫さまだと信じていたので、ゆき白姫と名乗っていました。
お姉さんのばらべにちゃんは現実派なので、思い上がった妹を、困ったものだと案じておりました。

20121126b.jpg


困ったことは、他にもありました。
ある日、ふたりのお母さんが、失踪したのです。
わたくしのことは忘れてください、と一行だけ、書き置きを残して。

お母さんは、子どもがほどよく育ったころの中年の女性がかかりがちな病気に、かかったのでした。
その病気は、「イセンジノシタワカノイイデレコ」という、長い名前でした。

お母さんがいなくなった同じ晩、村に一軒しかない雑貨屋の旦那さん、サミュエルさんも、いなくなったそうですが、それはきっとただの偶然です。
現実的なばらべにちゃんは、ため息を一つつくと、お母さんのことはきっぱり忘れて、家事をひきうけることにしました。
ゆき白姫のほうは、もともと自分にしか興味はないので、今までどおりごはんがでてきて生活が変わらなければ、全然気にしませんでした。

しばらくは、うまくいっているようにみえました。
働き者の明るいお母さんのかげに隠れてもともと陰の薄かったお父さんは、相変わらず、文句ひとつ言わず、これまでどおり毎朝仕事に出かけていきますし…。


┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:23:48 ━ Page top ━…‥・

== おしらせ ==

中崎 さくら堂さん 12月2日より

20121127e.jpg あ、あたしいちおーくまだからさ…遠い眼…


いきなり連続投球ですが。
12月2日から、中崎町の、化粧筆さくら堂さんで、毎年恒例のクリスマス的展示販売。
今年もさせていただけることに。
とりあえず10匹ですが、24日くらいまで、長く、置かせてくださるそうです。
お近くにおいでのさいは、どうかのぞいてやってくださいまし。

※さくら堂は不定休です。
連絡先等は、お手数ですが、リンク7番目のさくら堂を、クリックして頂くと解ります。
梅田から歩いても10分くらいです。最寄駅は地下鉄中崎駅になります。

クリスマスギフトっぽい箱にしました。ちまちまちっさいです…
さて中身は…。
明日から、中身のおはなしを、アップしてゆきます。
ますますヘンテコですゴメンナサイ。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:29:09 ━ Page top ━…‥・

== おしらせ ==

ステージ3-2 阪神百貨店 付記あります


今回はこんな丸箱で登場です。
ちょうど手のひらくらい。



20121122b.jpg
中身は星の子たちです。
星の形ではベタなので、スティックの先はスワロフスキーをつけました。
夜空のようなビロウドをしきました。きりっぱなしで、便利なビロウドがあるのですね。べっちん、びろうど、ベルベット、大好きです。

この子たちも、好きになってくださるかたが、あるといいなあ。

あと木箱のおんなのこと、ちっさいイキモノを二匹、ださせてもらいます。
11月28~12月4日のイベントになります。おお、もうあさって。

※付記
①画像がよくわからないというお声がありますが、カナリヤブログの最新記事に大きい画像があります。
 http://kanariyano.exblog.jp/ うさこは写真がへたですごめんなさい。

②カナリヤ店主作ひよこちゃんたちも今回久々に販売されます。並んでいるのをみたらかわいくてたまらないのですが。ふと気づく。ものすごーくおいしそう!
おいしそうがかわいさの秘訣なんではないかと、うさこ、ふと、気づいたのであった。
そうだ…これからは、おいしそうな人形を作ろう…。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:12:53 ━ Page top ━…‥・

== おはなし ==

おにんぎょ姫 最終話

お姫様は、人形を作ることを、やめてしまいました。
そしてある日出かけていくと、夜になっても王国に、帰ってきませんでした。

その夜、人形たちだけの会議が開かれました。

さて、王子様やお姫様にわからないことも、人形というものは全て、知っているものなのです。
お姫様は、人形たちといるのが一番幸せなのだということとか。
しかし、この王国には、もはやとどまれそうもありません。
こんな時どうすればよいかも、人形たちにはちゃんと、わかっていました。
人形と暮らすということは、そういうものなのです。


まるで普通の娘のように、お姫様が、王子様と映画をみたり、すてきなレストランでごはんを食べたりして、夜更けに帰ったときは、人形たちは、知らんふりで棚に並んでいました。うつろな眼、とじたままの口。11月に入った王国は空気も全体にひんやりとしていて、お姫様はなんだか悲しくなりました。
でも、月の終わりには、この王国を去り、大切な王子様のもとへ、嫁ぐのです。
人形たちとこんな冷たい関係になってしまったのは心残りですが、いつかきっと、わかってくれる日が、くると思うわ。

残務整理というものがあり、王子様は数日、仕事に追われました。
気がつくと、あのデートから、お姫様に会っていません。お姫様は、電話すらもっていなかったのでした。
王子様は、王国の門を、とんとんとノックしました。
しばらくまってからもう一度。また、もう一度。
試みに引いてみると、鍵はかかっていませんでした。
これって、礼儀を失するかな…

王子様は、ためらいましたが、心配でもあるし、思い切って、扉をひらきました。

20121121d.jpg


ちいさなつましい部屋でした。
裁縫の道具やわずかな本。小さなテーブルに置いたままの、お茶の道具。

王子様は、変な気がしました。
お姫様がいつも話していた、たくさんの人形は、どこにあるんだろう。
そんなものはひとつもありません。がらんとして、何日も、誰もいなかった部屋のようです。

もちろんお姫様の姿も、みあたりません。

カーテンもひいていない、南にむいた窓がわずかにあいており、公園の木の葉を舞わせた風が、小さな王国にふきこんできました。
そして風は、誰もいなくなった小さなテーブルの、小さなティーポットを押し倒してゆきました。



    おしまい


┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:33:01 ━ Page top ━…‥・

== おはなし ==

おにんぎょ姫 その2

ある時、お姫様の隣の部屋に、王子様が引っ越してきました。
他の人にはわからなくてもお姫様にはすぐ、彼が王子様だとわかりました。
王子様も、モイラ様がお姫様だということが、ひと目でわかりました。
そういうものなのです。

そしてふたりは、結婚の約束をかわしました。
王子様は、さっそく、お姫様の部屋、いえ、王国を、訪問したがりました。
「人形たちがいやがるの」
お姫様が真剣に言うと、王子様は、鼻先で笑いました。
王子様は、人形なんか、興味はなかったのです。
でも、王子様ですので、お姫様の気持ちを、尊重するだけの教養はありました。
お姫様も、夜中の会議で、人形たちを説得しようと努めていました。王国の人形たちは、真夜中にしか、口をきかないからです。
それで、お姫様はいつも、午前中は眠っていて、夕方から人形を作るために、起きてくるのです。

20121121b.jpg


王子様は、だんだん、機嫌が悪くなってきました。
王子様もやっぱり、王子様であることを知らない会社という所に行って、会社員というものを、しなくてはなりません。毎日ストレスがたまります。
その上、隣の国にいるのに、お姫様になかなか会えないのです。
たまのお休みに誘いに来ても、お姫様はたいてい眠っていて、城門は、かたくとざされておりました。

お姫様のつましい生活を支えてきたのが、人形たちだということは、王子様も承知していました。
王子様は、本国の、王様とお妃さまを、頼ることにしました。
お妃さまは、遠い国から、飛んできました。そして、モイラ姫をみて、たいそう喜んでくれたのです。

ちりりん、とベルが鳴って、いつものように、お店のマダムが、喜んで人形を受け取ってくれました。
瞬間、マダムはふと、眉をしかめました。
お姫さまは、どきっとしました。
そもそもお姫様の人形は、布でできているのに、さわるとなぜか、ほんのり暖かいのです。まるで、生きているように。それが、お客様たちに、人気の秘訣だったのです。
でも、今日は、人形は、ただの布のようにひんやりしているようでした。

20121121c.jpg


王子様は、会社員をよして、本国に帰ることになりました。王様のあとを継がれるのです。
そして、お妃として、モイラ姫も、連れて帰るのことになったのでした。

その話をした夜から、人形たちは、お姫様に口をきかなくなりました。
熟練したお姫様の手が、どんなに優しく丁寧に動いても、あの、ほんのり暖かい人形は、もう、産まれてこなくなりました。

王子さまは、お姫様の悩みを、半分しか耳にいれてないようでした。
人形が生きているなんて、王子様には信じられなかったのです。でも、なんといっても王子様ですから、お姫様のおっしゃることを、きいてあげるつもりは、あるのです。
どちらにしても、本国に帰れば、お姫様はもう、日々の糧を稼ぐ必要はないのですし、人形のことなんて、じき忘れるだろう、かえって好都合じやないかと、王子様は、全てに上機嫌でした。
会社に行くのも、あともう少しです。




┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:36:48 ━ Page top ━…‥・

== おはなし ==

おにんぎょ姫 その1

ある時、とあるアパートの一室に、お姫さまが住んでおりました。
建物の一階はお花を売っている店でした。
お姫さまの部屋は、二階のはしっこで、南にむいた窓がひとつだけありました。
申し訳程度のキッチンがついた一間きりの部屋でしたが、窓だけは大きく開いていて、アパートの隣の公園の緑がe絵のように広がっていました。

そのちいさなアパートが、お姫様の王国でした。
王国の住民は、お姫さまが作る、ちっぽけな人形たちでした。
人形だけの、小さな国を、お姫様は平和に、統治なさっていたのでした。

20121121a.jpg


お姫様が王国の外に出るのは、月に一度だけでした。
うすみどり色のバスにのって、隣の町まで行くのです。
町には、お姫様の人形を、買ってくれるお店がありました。

ちりりん、古びた扉についたベルが鳴って、お店のおんなのひとが顔をあげます。
「モイラさん、いらっしゃい、おまちしていたのよ」
それがお姫さまの名前でした。
お店のひとは、モイラ姫が、お姫様だということは、知らないのです。
ただお姫様の人形は、お客様には人気があるので、喜んで迎えてくれるのです。
もっとたくさん、持ってきてくださってもいいのよ。
お店の人はいつもそう言ってくれるのですが、お姫様は、静かに笑うだけでした。

帰りのバスを待つ間に買う、質素な食べ物と少しの日用品。
それをまかなうだけのお金がもらえたら、充分なのです。

バス亭のそばのカフェで頂く、おいしいお紅茶と小さなケーキ。それが、月に一度の、お姫さまの贅沢でした。
町はさまざまな人が通り、物がたくさんあって、色彩と音に満ち、お姫様をひととき楽しませてくれます。
けれども、モイラ様がお姫様だということを知らない人たちの中にいると、すぐに疲れてしまうのです。
行儀の悪い子どもたちにバスの順番をぬかされたり、カフェで荒っぽいウェイトレスに水のカップをこぼされたりしたあげく、人形たちがまっているちいさな王国に帰りつくと、お姫様は、ほうっと、安堵のため息をつくのでした。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:14:10 ━ Page top ━…‥・

== アーカイブ ==

ねこ コーカソイド


過去作品。たからもも。さん撮影。
いろどりが、とっても好きな一枚です。
そして、いちおう、これは猫です。
もも。さんいつも、ありがとうゴザイマス。


明日から、あたらしいおはなしを、公開いたします。
      よるのうさこ
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:00:41 ━ Page top ━…‥・

== つくったもの ==

星の子たち

むかぁしの唄ですが。イルカさんの、「星の長距離電話」
おひとよしの星の子たちっていうフレーズがなんとなく好きで。
作ってみました。


P1030821_convert_20121118192222.jpg


     ダイヤル廻すふりして 今夜も
     昔のあなたへかけています
     こんなきれいな夜だから
     空を見たくて 泣いてしまいそうだから
     一人言の長距離電話

         お人好しの星の子たち
         あの人にどうか つないで下さい
         遠い遠い長距離電話を

P1030822_convert_20121118192419.jpg

…という歌詞なので。
お星様になってしまった人のことを歌っているのでしょうか。
この歌をきくと、もう一度だけお話がしたかったのにお星さまになってしまった人から、電話がかかってきたことを、思い出したりします。
同じ体験をした人って、けっこういるようです。
とても遠いところからきこえてくるような電話でした。

星のこどもたちが、働いてくれていたのかもしれません。


※この子たちは
阪神百貨店ステージ3−2でのカナリヤ雑貨店さんの出店に、こそっと連れて行っていただく予定です。
期間は11/28〜12/4です。
たくさんたくさん、すてきな雑貨が並ぶ催しですので、あなたのクリスマスを、どうぞみつけにいらしてくださいね★
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:59:58 ━ Page top ━…‥・

== つくったもの ==

ココロはすでにクリスマス


しばしお休みしてしまい、ごめんなさい。
みなさまは、おすこやかであられますように。
おにんぎょは産まれておりますが、撮影する体力がなかなか蘇らなかったです。もともと、撮影が一番苦手かもしれない。

なんとなくクリスマスカラーのおんなのこと、お星様のこども。
よくわからない画像ですが、スワロフスキーがついたスティックをもっています。

うしろはドイツのクリスマスマグ。毎年気になっていたクラシック柄ので、先日ついにゲット。
サンタさんの缶いりチョコも買ったりして、すでにクリスマス態勢?
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:46:15 ━ Page top ━…‥・

== ごしょうかい ==

おひさしゅうございます

しばし更新できず、その間もみにきてくださったたくさんのかた、ごめんなさい。
いささか体調を崩しております。
快復にはいましばらく、かかるかと思いますが。
かわいい携帯ブログのおしらせをいただきました。
リンクの一番しっぽをごらんください。
ポェット村便り。
すてきなちっちゃいものと植物たち、移住したままごと森者どもと、そしてにゃんこがいっぱい★
┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 09:48:54 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old