== おはなし ==

ご忠告申し上げますが

 
みんなは、いっしょうけんめい走りました。
でも、おなかがいっぱいで、よたよたとしか、走れません。
ままごと森は、昼間迷い込んだ時みたのと、なんだかずいぶん違ってみえました。


みんなは、いつのまにか、一本の大きな木がある、空き地に立っていました。

ずいぶん走ったよねえ。
もう、おいかけてはこれないだろう。

大きな木には、ぼんやりとほのぐらく、灯りがともっています。
枝につりさげたランプの下に、こどもがいるのが、みえました。


なにをしているの?こんな夜中に、こんなちいさなこどもが。
ああわかった。
そのこは、おままごとをしていたのです。
ぬいぐるみのくまやうさぎに、ちいさなお茶道具でお茶をだして、はなしかけたりしています。

ねえきみ、ちょっと。
この森からでたいんだけど。

道を教えて、おうちに帰る道

こどもが、顔をあげました。
にわかに、さあっと、生暖かい風が、木のあいだから、ふいてくるのでした。

しっ!

しぃ~っっ!

ここでは、ままごと森では、絶対にその言葉を、言ってはいけません

なぜ?
なぜ?
なぜ?

よるのうさこさんは、とってもこわい。

え?あのひとは、ひるのうさこさんではないのですか

ひるのうさこさんは親切です。
道に迷ったこどもに、ごはんを食べさせます。

でもでもでも。

おうちに帰るという言葉を使ったら。

よるのうさこが、あらわれる。

とってもこわい。

帰っちゃだめ~っ
そしてもっとごはんを、食べなさい!
ごはんのあとは、何して遊ぶ?

おままごと


永遠に続く、おままごと


こどもの話をききながら、みんなは、なんだか、ぞくぞくしてきました。

大きな木をみあげると。
枝に、たくさんのおままごと道具が、ぶらさがっているのがみえました

ままごとの木だ
木に、ままごと道具が、成っている

                  つづく




┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:37:06 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mamagotomori.blog44.fc2.com/tb.php/5-9389323d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next