== おはなし ==

黄昏アパートメント 緑のワンピース

それは夏の日の木々のように濃い緑色の、ワンピースでした。
悪さをしそうには見えない、なんとも上品なデザインです。
うさこは、ワンピースをハンガーにつるして眠りました。
夜中に時々眼をあけて、見張りましたが、ワンピースはおとなしく、壁にかかったままでした。
あのガマ口の音だって、悪い夢だったのかもしれないわ。うさこは幸せな気持ちになって、眠りにおちました。

とても着心地がよかったので、それから数日、うさこは緑のワンピースばかりきていました。
そして4日目に、お洗濯することにしました。

20131031_convert_20131031180857.jpg



さわやかに晴れた朝。
テラスに干した緑のワンピースが、風にゆれています。乾いたらすぐまた着なくちゃ。
うさこが洗濯物をながめていると、どこかで鳥の声がします。
ピチュピチュピチュ。

鳥の声はどんどん大きくなって、バタバタという羽ばたきも聞こえてくるのでした。
それは何十、いえもっとたくさんの鳥の羽音とさえずりでした。

耳を聾するばかりにさえずりながら羽ばたいているのは、うさこのワンピースでした。
驚くうさこの眼の前で、ワンピースはひらりと舞い上がり、空の高みにすいこまれるように、飛んでいってしまいました。
 
          つづく




ここ↓をぽちぽちぽちぽちっ(まもちゃんより)

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:47:17 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mamagotomori.blog44.fc2.com/tb.php/604-e872d6e3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next