== おはなし ==

ハッピィ★ファミリー 最終回

「だますとかそんな気はなかったんですぅ」
ウサベルが、露骨な嘘泣きをしながら語りだしました。
ほかの子たちも、口々に、自分たちは悪くないとか、必死に言いたてました。

5人がお散歩していたある日。
街のすみっこで、おかしな行商人を発見したのだそうです。

「すっごくネガティブな顔した」
「そうそう、思いっきりネガティブな顔してた」
それはうさぎのお面をかぶった、ぶちゃいくな豚だったと言うのです。

TS3R1638.jpg


売っているものは、うさ耳でした。トランクいっぱい、色んなタイプのがありました。おんなのこたちが見ていると、豚が言いました。
「これつけて、某所に行けば、永遠に、おいしいお菓子が食べ放題、やりたい放題」

金貨何枚かを払って、おんなのこたちは詳しい地図と、うさぎ耳を、うさぎのふりした豚から買ったのだそうです。

TS3R1637.jpg


5人から耳をひきはがして、うさこは、彼女たちを、ままごと森から追放しました。おんなのこたちはまだうそなきしながら、とぼとぼと、森を去って行きました。

あああ、せいせいした。
よるのうさこのもとに、穏やかな日常がもどってきました。
親戚なんて、もうたくさんです。この世に一人もいなくていいっ。

さて、ある時。
トントントン。
またまた誰かが、うさこ屋敷のドアを、たたいています。
うさこがのぞいてみると、4人のちいさな子たちがたっていました。
みんな、かえるの頭をかぶっています。
「あのーわたしたち、まもちゃんの、親戚なんです、いとこなんです」

TS3R1639.jpgえーなにーハナシちがうじゃんーケチー


うさこは、子供たちの眼の前で、パタンとドアをしめて、二度とあけてやりませんでした。

   おしまい





★★★★★★★★


tasogare_convert_20131111183527.jpgDMの子は左端と、右から二番目の子のみ販売しています

東西同時期に作品を出させていただくことになってしまい、ややこしいですがごめんなさい。
大阪 カナリヤさんでの「黄昏アパートメント」は11月18日からです。
このおはなしの人たちは、カナリヤにて、おまちしています。カナリヤでは、通販対応もございます。

そして、もしもこの、DMを欲しいなって思ってくださるかたは、
mamagotomoriあっとまぁくyahoo.co.jp かブログコメントをくだされば、お送りできます。よろしくお願いいたします。   
     よるのうさこ



ここ↓をぽちちっ(まもちゃんより)
┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 09:50:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://mamagotomori.blog44.fc2.com/tb.php/610-ca91a375
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next