FC2ブログ

== おはなし ==

ままごと森のひみつ


そこは、一軒の、家でした。
窓からは暖かいオレンジ色の光りがこぼれ、おいしそうな食べ物のにおい。

ああそこは。
またしても、よるの(ひるの?)うさこの、家だったのです。
みんなは、ぐるぐるまわって、また、同じところにもどっていたのでした。


どうしよう


だけどもう。
寒くて、ぐしょぬれで。森はまっくらで怖くて。
脚も痛くて。
もうもう、走れない。
それに。
おなかもすいてきました。

あんなに食べたのになあ。
なんておいしそうなごちそうのにおい。

どうしようか。

入ろうか。

みんなは顔をみあわせました

おそろおそる

さっきにげてきたドアから

部屋をのぞいてみると

テーブルの前に、うさこさんが、座っていました。
さっきみんなが食べた食卓がちらかったままで、そこに、さっきの巨大ケーキも、のっかっています。

テーブルにつっぷしていたうさこさんが、顔をあげます。

みんな、帰ってきてくれたの?

いまいまいま
お茶をいれるわね

今夜は嵐なのよ。


青い目


みんなは、戸口から近くて、なるべくうさこさんから離れたいすに、そっと腰かけました。

こんな夜は、うちに居るものだわ

うさこさんは、うれしそうに言いながら、お茶のしたくをはじめました。

あなたは?
誰かがききました

どっちのうさこさん?


ひるのうさこさん
よるのうさこさん?



うさこさんは、ほっと、ため息をつきました。


ああ、あのこにあったのね。
森のなかで、
まもちゃんに。

しようがないこ。

       つづく




┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 08:38:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://mamagotomori.blog44.fc2.com/tb.php/7-409d5e63
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next