== おはなし ==

お話の箱   三匹のペンションぶた  その3

結局、レポートは、まだ、書けていない。
というか、まだ、例の森にさえ、わたしは、たどりつけていない。

あのあと、一番ちいさいこぶたが経営する、レンガのペンションに滞在することになったのだが。
一泊素泊まり850ガルル、かつ、一週間前金、というのが払いきれないので、ひきかえに、ぶたちゃんたちのペンションの、ネット広告サイトを手伝うことにしたのだった。


DSC01810a.jpg


クレジットカードなども使えるようにしていきたいし、あれこれ、アイディアは湧く。
姉妹はいろいろ、気を使ってくれる,、よい子たちだ。
わたしがオオカミであることも、全然、気にしていないし。
この夏休みは、ここでお手伝いをしてすごすのも、ありだと思う。
学校で身に着けてきたことを、人の、というかぶただけど、誰かの役にたつように使うのが、真の学問の意義ではないだろうか。

サイトリニューアルの功あって、宿泊客は、ふえている、らしい。
らしいというのは、わたしの滞在する、レンガ屋敷までたどりつく客は、いまのところ、居ないせいだ。お客さまがたは、ぶたたちが一生懸命再建したという、わらぶき屋根か、丸太小屋で、満足して、お帰りだそうである。
宿泊後のレビュゥをくださるかたは、なぜだか皆無なため、わたしがそれも、サクラで書いている。なあに評判になるまでの、ほんの一時の、営業作戦である。

格別の好意でサービスしてくれているごはんは、3食、藁だけだが、もともとわたしは菜食好みなので、慣れてきた。
あいかわらず、生活が苦しいと嘆きあう、気の毒な姉妹には、いつも、ほろりとさせられる。もっと、力になりたいものだと思う。

しかし不思議なことだが。最近とみに、3匹とも、まるまると肥えてきたようだ。わたしは、ずいぶん、スリムになってきたというのに。
ぶたというのは、わらだけであんなに太れる、便利な生き物だったのだなあ。
あともうひといき、このペンションがで、あのこたちが、安心して食べていけるようになるまで、わたしもがんばらねば。

ちかごろちょくちょくおきる、足のふらつきと、軽いめまいを緩和するべく、眉間を抑えながら、わたしは、パソコンで疲れた眼を、ぎゅぅとつむった。

 おしまい



いやいや、浅草でさあ、ぶたばっかり人気で。おおかみさん居残ったので。新人ぶたを足して、また、こんなの書いちゃったわ。
おおかみさん、いつ、ままごと森から、旅立てるのやら。とほほ。



DSC01814a.jpg世界はブタを待っているのさ★
┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 09:46:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
初めまして。
花乃さんのブログからきました。愛くるしい小さな子たちの大ファンになってしまいました。
リンクさせてもらってもいいですか?
Re: Re: No title
ありがとうございます。花乃さんには、お世話になっております。リンクも、お人形つながりなので、歓迎です、ありがとうございます。


No title
Brierrose姫(ブログ名)です。
よかったらごらんください
Re: No title
おくつかわいいです。とくにピンクのサンダル!みもだえしました。






        
 

== Trackback ==

http://mamagotomori.blog44.fc2.com/tb.php/823-5131bf24
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next